トップ
 
企業情報
経営理念・社長挨拶 会社概要 事業内容 グループビジョン&事業ドメイン メディカルサービス事業 インテリア健康事業 グループ最新情報(メディカルサービス事業) グループ最新情報(インテリア健康事業) グループ情報 採用情報
 
IR情報
IR情報トップ 最新情報 IRニュース 経営情報 社長メッセージ グループ戦略 コーポレート・ガバナンス/内部統制基本方針決議 事業等のリスク 業績・財務情報 財務ハイライト・セグメント情報 研究開発・設備投資 IRライブラリ 決算関連資料 有価証券報告書 グッドモーニング通信(株主通信) 株主・投資家のみなさまへ 商品・サービス 特徴と強み グループ戦略 財務ハイライト・セグメント情報 配当・優待情報 社長メッセージ 株主・投資家のみなさまの声 株価情報 電子公告 グッドモーニング通信(株主通信) 個人投資家向け説明会資料 株主・投資家のみなさまからよくいただくご質問 当社グループ会社に関するお問い合わせ 株式・配当・株主優待・IRに関するお問い合わせ IRカレンダー 配当・優待情報 株主優待サイト 株式・総会情報
 
CSR情報
社会貢献活動 環境保全活動 安全への取組み ダイバーシティ推進の取組み
 
お問い合わせ
当社グループ会社に関するお問い合わせ 株式・配当・株主優待・IRに関するお問い合わせ お問い合わせフォーム
 
よくいただくご質問
よくいただくご質問
 
IR基本方針
IR基本方針
 
サイト利用条件
サイト利用条件
 
個人情報保護に関する基本方針
個人情報保護に関する基本方針
 
サイトマップ
サイトマップ
 

IR情報

社長メッセージ

投資家のみなさまへ

社長
社長

第18期 連結業績のご報告

コロナ禍で事業活動に影響を受けながらも、売上高は前期水準を確保したほか、営業利益は収益性の改善や販管費の抑制に努めたことなどにより、増益となりました。

■メディカルサービス事業では、病院・福祉施設への営業活動が制限された反面、在宅向けの福祉用具レンタルが伸長した結果、増収増益となりました。

 主力の福祉用具貸与事業は、新型コロナウイルスの感染防止に最大限配慮しつつ、ご利用者の方々やそのご家族の生活の維持に欠かせない介護サービスを、継続して提供したことにより、堅調に推移しました。また、ご利用者の自立支援や介護者の負担軽減を実現する新商品「離床支援マルチポジションベッド」については、テレビCMなどによる広告宣伝や、ケアマネジャーへの小規模な商品説明会を開催するなど、商品特性の訴求に努めました。
 病院・福祉施設向けでは、対面での営業活動が制限される中、オンラインでの商品紹介などリモートを取り入れた営業活動を行い、主力のベッド及び付属品の販売に加え、オゾン発生装置や消毒器、使い捨て手袋などの新型コロナウイルス感染症対策商品の販売にも取り組んでまいりました。
 以上の結果、売上高は32,839百万円(前年同期比 5.1%増)、営業利益は2,805百万円(前年同期比 20.5%増)となりました。

■インテリア健康事業は、家具販売店やホテル向けの売上が落ち込んだものの、ショールーム等での高付加価値商品の販売に注力した結果、減収増益となりました。

 当社グループのショールームを3カ所新設し、感染予防対策を徹底した上で、お客様の健康維持や睡眠の質の向上につながる高付加価値商品をご覧頂く場を拡大いたしました。なかでも除菌効果を付加して衛生に特化した寝具ブランド「キュリエス・エージー®」のマットレスが、衛生に対する関心度の高い購買層を中心に好調に推移しました。さらに、「ライフトリートメントマットレス」シリーズに除菌機能を標準搭載するなど、「きれいがつづ く」を新標準とすべく商品ラインナップを拡充しました。
 また、需要が増加しているインターネット通販企業向けには、宅配可能な商品の拡販や巣ごもり需要向け商品を強化いたしました。
 以上の結果、売上高は19,186百万円(前年同期比 7.9%減)、営業利益は401百万円(前年同期比 211.5%増)となりました。

私たちは環境に配慮しながら変化する社会に対応した商品・サービスをご提供し、「豊かさとやさしさ」のある暮らしの実現に貢献してまいります。

■東京都小平市に新事業拠点を建設

 福祉用具や医療機器への需要拡大は今後さらに加速するものと考えており、そうしたニーズに対応するインフラ整備や中長期的に安定して提供できるサービス体制の構築、スピード感を持った事業活動の推進を目的として、フランスベッド株式会社では東京都小平市に「東京サービスセンター(仮称)」を建設(2022年3月竣工予定)します。これにより、メディカルサービス事業の拡大を推進します。

■高齢社会で顕在化する課題への取り組み

 世界に先駆け超高齢社会を迎えた日本で、“介護人材の不足”や“老老介護の増加”が深刻化するなか、「自動寝返り支援ベッド」や「見守りケアシステムM-2」など“省力化”や“労力軽減”につながる商品を開発してきました。これらを高齢化が進む国々にもご利用いただけるよう、今後「離床支援マルチポジションベッド」を欧州規格に適合するよう計画しています。

■株主の皆様への利益還元について

 当社は株主価値を最大化していくために、株主への利益還元を最重要課題のひとつとして位置付けており、安定的な配当の継続に努めることを基本方針としております。
 期末配当金額につきましては、1株当たり14円としておりましたが、当期業績が好調に推移したことを勘案し、16円に修正させていただきました。これにより、年間配当金は既に実施させていただきました中間配当金と合わせて1株当たり30円となります。

株主還元について

 2021年3月期(以下、「当期」という。)の期末配当金額につきましては、2020年5月25日時点において、1株当たり14円としておりましたが、当期業績が好調に推移したことを勘案し、1株当たり16円に修正させていただきます。これにより、年間配当金は既に実施させていただきました中間配当金とあわせて1株当たり、30円となります。なお、本件につきましては、2021年6月25日開催予定の定時株主総会におきまして付議する予定です。

1株当たり配当金 配当金総額
(単位:百万円)
配当性向
[連結]
(単位:%)
純資産配当率
[連結]
(単位:%)
第2四半期末
(単位:円銭)
期末
(単位:円銭)
年間
(単位:円銭)
第17期14.0014.0028.001,08571.62.8
第18期14.0016.00
(予定)
30.00
(予定)
1,14250.13.0
第19期15.00
(予想)
15.00
(予想)
30.00
(予想)
47.8

代表取締役会長兼社長
池田 茂

PAGE TOP