トップ
 
企業情報
経営理念・社長挨拶 会社概要 事業内容 グループビジョン&事業ドメイン メディカルサービス事業 インテリア健康事業 グループ最新情報(メディカルサービス事業) グループ最新情報(インテリア健康事業) グループ情報 採用情報
 
IR情報
IR情報トップ 最新情報 IRニュース 経営情報 社長メッセージ グループ戦略 コーポレート・ガバナンス/内部統制基本方針決議 事業等のリスク 業績・財務情報 財務ハイライト・セグメント情報 研究開発・設備投資 IRライブラリ 決算関連資料 有価証券報告書 グッドモーニング通信(株主通信) 株主・投資家のみなさまへ 商品・サービス 特徴と強み グループ戦略 財務ハイライト・セグメント情報 配当・優待情報 社長メッセージ 株主・投資家のみなさまの声 株価情報 電子公告 グッドモーニング通信(株主通信) 個人投資家向け説明会資料 株主・投資家のみなさまからよくいただくご質問 当社グループ会社に関するお問い合わせ 株式・配当・株主優待・IRに関するお問い合わせ IRカレンダー 配当・優待情報 株主優待サイト 株式・総会情報
 
CSR情報
社会貢献活動 環境保全活動 安全への取組み ダイバーシティ推進の取組み
 
お問い合わせ
当社グループ会社に関するお問い合わせ 株式・配当・株主優待・IRに関するお問い合わせ お問い合わせフォーム
 
よくいただくご質問
よくいただくご質問
 
IR基本方針
IR基本方針
 
サイト利用条件
サイト利用条件
 
個人情報保護に関する基本方針
個人情報保護に関する基本方針
 
サイトマップ
サイトマップ
 

IR情報

社長メッセージ

投資家のみなさまへ

社長
社長

第17期第2四半期 連結業績のご報告

 当社グループの第17期第2四半期における業績は、増収減益となりました。

 消費増税前の駆け込み需要の影響に加え、メディカルサービス事業の主力である福祉用具貸与事業が堅調に推移したことなどにより、売上高は26,329百万円(前年同四半期比4.0%増)となりました。一方、メディカルサービス事業の営業拠点の増設、ならびにインテリア健康事業のショールーム新設に伴う費用の増加や、運送業界の人手不足に伴う物流費用の高騰などにより、営業利益は1,113百万円(前年同四半期比2.4%減)、経常利益は1,083百万円(前年同四半期比6.3%減)、親会社株主に帰属する四半期純利益は666百万円(前年同四半期比3.3%減)となりました。
 メディカルサービス事業の売上高は、主力である福祉用具貸与事業が堅調に推移したことなどにより、 15,480百万円(前年同四半期比6.7%増)となりました。一方、営業拠点3カ所を新設した費用の増加に加え、人員増による人件費の増加などにより、営業利益は1,141百万円(前年同四半期比6.1%減)となりました。
 インテリア健康事業の売上高は、当社グループのショールームなどを活用した、取引先との協業による展示販売会などが好調に推移したことなどにより10,687百万円(前年同四半期比5.1%増)となりましたが、物流費用の高騰などにより、営業損失は47百万円(前年同四半期は営業損失62百万円)となりました。

医療・福祉機器で様々な課題を解決

マルチフィット車いすマルチフィット車いす
2つのバックサポートが肩と腰の
形に合うよう回転してフィット
 在宅では老老介護、施設では介護人材不足が深刻化するなか、これらの課題に対して“ベッドに任せる”ことを実現した「自動寝返り支援ベッド」や「見守りケアシステム M-2」などが、“省力化”や“労力軽減”に寄与しています。さらに、“一人ひとりの体型に対応する”ことを実現した「マルチフィットシリーズ」を、新たに市場投入しました。
 「マルチフィットベッド」は、小柄な方から長身の方、また座位姿勢が安定しない方や誤嚥リスクのある方までこのベッド1台で対応します。多彩な調節機能を備えるベッドがご利用者に合わせ、安全と快適を支えると同時に、看護・介護する方の労力を省いたり軽減することが可能となります。
 「マルチフィット車いす」は、ご利用者が座るだけでフィッティングが完了します。とくに、背中が丸くなってしまった方や、座位を維持するのが難しく、ズリ落ちしやすい姿勢となる方でも、無理のない座位の保持を可能にする機能により、安全と快適を提供するとともに、座り直しなどの介助労力も軽減されます。
 来年4月に販売予定の「離床支援マルチポシジョンベッド」は、ベッドでの起上がり~端座位~立ち上がり~離床までの一連の動作を、リモコン操作で“ベッドに任せる”ことが可能です。各動作ごとにご利用者の自立をサポートし、介助者にかかっていた労力が軽減されます。スケール付き多目的ベッドスケール付多目的ベッド
FB-C4DS-00

 一般病棟から集中治療室まで活用できる「スケール付多目的ベッド FB-C4DS-00」は、リアルタイムで体重測定できるなど病院のニーズに合わせて高度化や省力化を図り、さらに患者様への負担やリスクも軽減します。
 このように、看護・介護者ニーズや利用者ニーズに対して高機能・高付加価値商品で応え、また“省力化”や“労力軽減”など課題への解決には独自の開発力を活かしてご提案することにより、顧客満足度の向上とともに、福祉用具レンタルのシェア拡大や病院・施設向け販売の業績スケール付多目的ベッド回復につなげて、シルバービジネスの更なる強化を図ってまいります。

睡眠に関わる悩みに特化した商品づくり

いびき対策快眠支援枕いびき対策快眠支援枕 上気道が狭くなることで発生するいびきは、横向き寝になることで軽減されます。 人に相談しづらいいびきの悩みに応える枕を、深刻度合いに応じて「サイレントナイトピローⅡ」や「いびき対策快眠支援枕」など5タイプを展開しています。
 これらの枕は、三つ折りや圧縮 いびき対策快眠支援枕ロール梱包できるコンパクトなマットレスとともに、ネット販売しやすい商材として開発し、異業種などへの販路開拓を積極的に進めています。
 寝具の悩みとして上げられるのが、マットレスの除菌対策です。衛生に特化したマットレス・寝具ブランド「キュリエス・エージーTM」は、除菌機能糸に含まれる銀イオンによって寝具自らが生地を除菌するため、抗菌防臭加工や制菌加工の生地よりも高い効果が実証されています。さらに、通気性に優れた「高密度連続スプリング®」 との組合わせにより、安心で快適な睡眠環境をご提供します。
 これらの高機能・高付加価値商品を実際に触れて確かめたい方々のため、主に中高級品を展示して、スリープアドバイザーの資格を持つ「睡眠コンシェルジュ」が最適な寝具や睡眠環境を提案するショールームを全国に増設しております。また、高級家具の月額定額制レンタルサービス「家具サブスクリプションシステム」を札幌市内から提供を開始しましたが、その他主要ショールームでも対応すべく進めています。
 このようにお客様の健康に関する悩みは様々です。今後も当社グループではお客様のニーズ(お困りごと)に応えるべく、創造力を発揮した商品開発や他企業との共同開発を進めてまいります。

株主還元について

 メディカルサービス事業では、収益性の高い「福祉用具レンタルのシェア拡大」を目指し、インテリア健康事業では「収益性の改善」を図ることにより、事業全体として収益性の向上に取組んでおります。
 一方で、前期に引き続き自社株式の取得、株主優待制度の継続、増配などを実施することにより、株主の皆様への利益還元とともに自己資本利益率(ROE)の向上にも努めております。
配当金につきましては、前期は、フランスベッド株式会社「創立70周年の記念配当」として1株につき3円を実施し、年間配当は1株当たり28円(うち中間配当12円50銭)としましたが、この水準を当期も継続する予定です。
 第17期第2四半期の配当金は、計画通り1株当たり14円といたしました。1株当たり年間配当金につきましては、28円とさせていただく予定です。

1株当たり配当金 配当金総額
(単位:百万円)
配当性向
[連結]
(単位:%)
純資産配当率
[連結]
(単位:%)
第2四半期末
(単位:円銭)
期末
(単位:円銭)
年間
(単位:円銭)
第15期12.5012.5025.001,00655.62.5
第16期12.5015.5028.001,09942.42.8
第17期14.00
(実績)
14.00
(予想)
28.00
(予想)
61.1
(予想)

代表取締役会長兼社長
池田 茂

PAGE TOP