トップ
 
企業情報
経営理念・社長挨拶 会社概要 事業内容 グループビジョン&事業ドメイン メディカルサービス事業 インテリア健康事業 グループ最新情報(メディカルサービス事業) グループ最新情報(インテリア健康事業) グループ情報 採用情報
 
IR情報
IR情報トップ 最新情報 IRニュース 経営情報 社長メッセージ グループ戦略 コーポレート・ガバナンス/内部統制基本方針決議 事業等のリスク 業績・財務情報 財務ハイライト・セグメント情報 研究開発・設備投資 IRライブラリ 決算関連資料 有価証券報告書 グッドモーニング通信(株主通信) 株主・投資家のみなさまへ 商品・サービス 特徴と強み グループ戦略 財務ハイライト・セグメント情報 配当・優待情報 社長メッセージ 株主・投資家のみなさまの声 株価情報 電子公告 グッドモーニング通信(株主通信) 個人投資家向け説明会資料 株主・投資家のみなさまからよくいただくご質問 当社グループ会社に関するお問い合わせ 株式・配当・株主優待・IRに関するお問い合わせ IRカレンダー 配当・優待情報 株主優待サイト 株式・総会情報
 
CSR情報
CSR情報TOP トップメッセージ 基本方針 基本的な考え方 マテリアリティ特定プロセス マテリアルなESG課題 ESG課題に対する取り組み Environment Social Governance
 
お問い合わせ
当社グループ会社に関するお問い合わせ 株式・配当・株主優待・IRに関するお問い合わせ お問い合わせフォーム
 
よくいただくご質問
よくいただくご質問
 
IR基本方針
IR基本方針
 
サイト利用条件
サイト利用条件
 
個人情報保護に関する基本方針
個人情報保護に関する基本方針
 
サイトマップ
サイトマップ
 

CSR情報

製品やサービスを通じて、
社会に貢献する企業を目指します。

基本的な考え方

フランスベッドグループは、事業を通じて人々の暮らしに役立つ製品やサービスを提供し、新たな価値創造に挑戦し続けます。環境(Environment)、社会(Social)、ガバナンス(Governance)を常に意識しながら、ESGの視点を取り入れた経営を重視し、社会の課題解決に貢献する企業を目指して参ります。

マテリアリティ
特定プロセス

フランスベッドグループでは、SDGsなどの国際的な基準・ガイドラインなどグローバルな動向を踏まえ、STEP1~STEP3のプロセスを経て7つのマテリアリティを特定しました。

  • STEP 1

    社会が重視する
    マテリアリティの抽出

    機関投資家等とのコミュニケーションを通して、当社グループの主な事業領域であるメディカルサービス事業及びインテリア健康事業に関して特定したマテリアリティの中から、「ステークホルダー及び社会全体の価値に影響を与えるマテリアリティ」を抽出。

  • STEP 2

    フランスベッド
    グループにとっての
    マテリアリティの整理

    ステップ1で抽出したマテリアリティを踏まえ、「フランスベッドグループの価値創造に影響を与えるマテリアリティ」を整理。

  • STEP 3

    フランスベッド
    グループが取り組む
    マテリアリティの特定

    ステークホルダー/社会全体、及びフランスベッドグループの価値創造に影響を与えるマテリアリティを評価・勘案し、フランスベッドグループが取り組むべきマテリアリティを特定。

フランスベッドグループの
マテリアルなESG課題

STEP1社会が重視する
マテリアリティの抽出

プロジェクトチームでは、SDGsが示す社会・環境課題の中から、当社グループの事業領域および事業基盤に重大な影響を与える可能性のある課題を、ステークホルダー等が重視するテーマを基に抽出しました。

マテリアルなESG課題

事象 課題
気候変動
  • 気候変動対応
環境破壊
  • 資源・水・汚染管理
  • 持続可能な調達
市民
(消費者・利用者)の
意識の変化
  • 製品・サービスの品質・安全性
  • 責任マーケティング
  • ガバナンス・コンプライアンス
国内の
生産年齢人口の減少
労働者の意識の変化
  • 労働慣行(人的資本管理)
  • 人権(持続可能な調達(社会)

STEP2フランスベッドグループにとっての
マテリアリティの整理

中長期的に事業を展開していく上で、各部門(事業部・生産開発・人事・管理・総務・物流)が抱えているリスクあるいは機会となる事象を抽出し、当社グループの長期的価値向上に影響を与える可能性のあるマテリアリティを整理しました。

マテリアリティマップ

STEP3フランスベッドグループが取り組む
マテリアリティの特定

集約したマテリアリティについて、プロジェクトチームにて当社グループの事業戦略、ガバナンス、リスク管理の観点から重要性について検討した結果をもとに、以下の7つのマテリアリティを特定しました。

区分E 資源の効率的な利用
区分E CO2排出削減と
エネルギー転換
区分S より安心で安全且つ高付加価値な
製品とサービスの提供
区分S 人材の育成
区分S ダイバーシティおよびワークライフバランスの推進
区分S 社会貢献活動
区分G 事業を支える基盤

今後、具体的な目標及び重要業績評価指標(KPI)の設定を行うとともに、これらを当社グループにおける重要な経営課題と位置付け、情報開示を含む取り組みを積極的に推進して参ります。

PAGE TOP