サイトマップ  │English  │文字サイズ 
  • ホーム
  • 企業情報
  • IR情報
  • 社会・環境活動

IR情報

研究開発・設備投資

  • 研究開発
  • 設備投資
  • 研究開発

    研究開発活動

    当社グループは、「創造と革新により『豊かさとやさしさ』のある暮らしの実現に貢献するヒューマンカンパニーを目指す」という経営理念のもと、健康で安全な生活の実現のためにご利用者一人ひとりにふさわしい機能をもった創造性豊かな「付加価値のある商品」の提供を企業の使命と考え、研究開発活動を行っております。また、フランスベッド株式会社では、海外及び国内の「薬機法」規制に対応するため、平成18年度に取得したISO13485/ISO9001の認証機関による認証取得の継続維持を行うとともに、輸出相手国から求められるコンプライアンスへの対応を行うため、商品の開発から販売に至るQMS(Quality Management System)を機能させ、一層の品質改善に努め、お客様から信頼される企業グループを目指してまいります。

    研究開発費

    (百万円)
      研究開発費 メディカル
    サービス事業
    インテリア
    健康事業
    2017年3月期 214 160 53
    2016年3月期 215 156 56
    2015年3月期 201 152 49

    当社グループの研究開発費の総額には、フランスベッド株式会社スリープ研究センターの人間工学・医学面からの健康に関する寝具や睡眠についての総合研究等の基礎研究費が含まれております。
    また、基礎研究活動において、「ベッドと寝心地」や「病院/介護におけるベッド機能の評価」など大学や病院等の研究機関との共同研究を引き続き行い、健康的で快適な眠りとやすらぎの生活環境の提案を行ってまいります。

    メディカルサービス事業

    当事業につきましては、介護ベッドを安全にご使用していただくためにJISベッドの拡充を行うと同時に、業界団体と協力し、注意喚起の啓蒙活動を行いました。
    在宅介護向け商品では、介護ベッドのJIS(JIS T 9254)が、国際規格との整合性を図るために改定されたことを受け、「FBN-JJ」「FBN-PJJ」を改定JISに対応させ、市場に投入いたしました。また、新たな介護ベッドの研究開発にも努めております。
    シニア世代に向けたブランド「リハテック」では、益々増加傾向にある認知症の方をサポートする高機能、高付加価値商品や、シニア世代が自ら購入したくなるシニア世代に優しい商品の開発に重点を置いております。認知症の方をサポートする商品として、車いすからの転倒を予防する「転ばなイス」やドールセラピー「泣き笑いたあたん」を市場に投入いたしました。また、アクティブシニア向け商品として、ロボット機能を搭載した自動制御機能付き歩行器「ロボットアシストスマートウォーカーRW-01」や、背骨のS字カーブを保つ「背楽チェア」、シートマッサージャー「もみ名人 極み」などを開発し、市場に投入いたしました。
    病院、福祉施設向け商品としては、介護者の負担を軽減することをテーマに開発した「見守りケアシステムM-1」に体重管理機能や無線LAN対応機能などを追加した「見守りケアシステムM-2」や、プログラム制御で体圧を自動で変換できる「自動寝返り支援ベッド FB-640」を開発し、今後市場に投入してまいります。
    今後も、様々な様態の介護を必要とされる方や介護に携わる方の利便性や安全性を追求した福祉用具やベッドの開発、認知症の方をサポートする商品の開発を継続的に行ってまいります。

    インテリア健康事業

    当事業につきましては、ベッドを中心に、高齢社会への対応を図るとともに、高機能・高付加価値を追及した商品開発を行っております。
    ベッドでは、マットレスの端を当社独自の技術で強化し、安定感のある寝心地を実現した「プロ・ウォール」仕様マットレスの量産体制を整えるとともに、スプリングの線形を太くし、電気トリートメント加工にて熱処理を施すことにより、スプリングコイル形状の安定性と耐久性を強化した「ZELTスプリング」を開発いたしました。また、マットレス本体がリクライニングする電動リクライニングマットレス「ルーパームーブRP-1000 DLX」や、ダブルサイズの高級電動リクライニングベッド「ボステッソ」などを開発し、市場に投入いたしました。さらに、木製品については、シックハウス症候群などの環境安全に配慮した「F☆☆☆☆(エフ・フォースター)仕様」のベッドを拡充するとともに、木材の違法伐採問題に対応するため、合法木材供給事業者の認可を受け、環境配慮にも努めております。
    リビングでは、スウェーデンのパーソナルチェア専門メーカーCONFORM社の高級パーソナルチェア「コンフォルム」を新たに展開いたしました。
    寝具類では、好評を博している横向き寝枕「スリープバンテージ」について、医療機関と共同研究を行い、健康と快眠に注力した「ドクタースリープバンテージ」を新たに開発いたしました。
    今後も、さらなる高機能・高付加価値を追求したインテリア商材やシニア世代を応援するリハテック商品を開発してまいります。

  • 設備投資

    設備投資の概要

    当社グループは、「有望なマーケットへの効果的な資金の投入」及び「生産効率向上による原価低減」を図ることを目的とした設備投資を実施しております。

    設備投資額

    (百万円)
      2016年3月期
    通期実績
    2017年3月期
    通期実績
    2018年3月期
    通期計画
    設備投資額 4,158 4,809 3,860
    レンタル資産
    工場生産・物流設備
    ソフトウェアの取得
    土地の取得
    その他
    3,058
    824
    112

    163
    2,822
    503
    1,359

    124
    3,145
    488
    211
    -
    15
    減価償却費 3,609 3,730 3,940

    メディカルサービス事業

    有望なマーケットを持つメディカルサービス事業の成長戦略としての投資を3,770百万円実施しております。
    その主なものはフランスベッド株式会社のレンタル用の資産に対する投資及び業務システム刷新等に伴うソフトウエアの取得に係る投資であります。

    インテリア健康事業

    生産効率向上のための投資等を997百万円実施しております。
    その主なものは、フランスベッド株式会社の東京工場、兵庫工場等のベッド等生産設備に対する投資及び業務システム刷新等に伴うソフトウエアの取得に係る投資であります。

    その他

    主に日用品雑貨販売事業の店舗出店や改修として25百万円実施しております。