サイトマップ  │English  │文字サイズ 
  • ホーム
  • 企業情報
  • IR情報
  • 社会・環境活動

IR情報

研究開発・設備投資

  • 研究開発
  • 設備投資
  • 研究開発

    研究開発活動

    当社グループは、「創造と革新により『豊かさとやさしさ』のある暮らしの実現に貢献するヒューマンカンパニーを目指す」という経営理念のもと、健康で安全な生活の実現のためにご利用者一人ひとりにふさわしい機能をもった創造性豊かな「付加価値のある商品」の提供を企業の使命と考え、研究開発活動を行っております。また、フランスベッド株式会社では、海外及び国内の「薬機法」規制に対応するため、平成18年度に取得したISO13485/ISO9001の認証機関による認証取得の継続維持を行うとともに、輸出相手国から求められるコンプライアンスへの対応を行うため、商品の開発から販売に至るQMS(Quality Management System)を機能させ、一層の品質改善に努め、お客様から信頼される企業グループを目指してまいります。

    研究開発費

    (百万円)
      研究開発費 メディカル
    サービス事業
    インテリア
    健康事業
    2016年3月期 215 156 56
    2015年3月期 201 152 49
    2014年3月期 220 171 48

    当社グループの研究開発費の総額には、フランスベッド株式会社スリープ研究センターの人間工学・医学面からの健康に関する寝具や睡眠についての総合研究等の基礎研究費が含まれております。
    また、基礎研究活動において、「ベッドと寝心地」や「病院/介護におけるベッド機能の評価」など大学や病院等の研究機関との共同研究を引き続き行い、健康的で快適な眠りとやすらぎの生活環境の提案を行ってまいります。

    メディカルサービス事業

    当事業につきましては、介護ベッドを安全にご使用していただくためにJISベッドの拡充を行うと共に、業界団体と協力し、注意喚起の啓蒙活動を行いました。次に、当連結会計年度よりレンタルを開始した超低床(床板高さ110mm)の在宅用電動介護用ベッド「FLB-03」につきましては、市場からの需要が多いことを受け、生産体制を見直し、拡販に注力いたしました。また、介護保険の貸与商品として認められている電動車いすに、新たに介助式が加わったことを受け、「介助式電動車いすSP40-K」を投入いたしました。今後につきましても、様々な様態の介護される方の利便性や安全性を追求した福祉用具の開発を継続的に行ってまいります。
    また、「2025年へのロードマップ」では、介護施設(居住型を含む)を約70万床増床する計画であることから、当連結会計年度は、安全性が高い、低価格の施設向け介護ベッド「TG-NA39」を市場に投入いたしました。
    さらに、医療・介護ベッド回りでの転倒・転落を回避するため、ご利用者様の動き出しをいち早く通報する「見守りケアシステムM-1」を病院施設向けに拡販いたしました。今後につきましても、更なる安全性と市場の要求する機能に重点を置き、商品開発を行ってまいります。

    インテリア健康事業

    当事業につきましては、ベッドを中心に周辺家具を含め、高齢社会への対応を図り、高機能・高付加価値を追求した商品開発を行っております。
    ベッドでは、スランバーランドシリーズ「SL-020、SL-021、SL-022」を新規に開発し、シリーズの充実を図るとともに、ドイツブランドの「IQベッド」を展開し、今までにない斬新なデザインのベッドを市場に投入いたしました。
    リビングでは、素材にこだわり、レザーとファブリック、木とファブリックを組み合わせたソファブランド「ドゥ・リーン」シリーズや、ソファベッドの充実を図る為に「スイミーM2」、「ワーモN-HI」を開発し展開いたしました。また、生活環境上の問題であるシックハウス症候群などの環境安全に配慮したF☆☆☆☆(エフ・フォースター)仕様のベッドの充実と、木材の違法伐採問題に対応するため、合法木材供給事業者の認可を受け環境配慮にも努めております。
    また、羽毛ふとんでは、従来の羽毛と吸湿発熱繊維を均一に混合する事により、暖かく蒸れにくい新素材のふとん「ハイブリッド羽毛」を開発し新たに展開いたしました。
    さらに、シニア世代に向けたブランド「リハテック」では、シニアの方々が必要とする商品をテーマ別に『アクティブ』『やすらぎ』『くつろぎ』として商品開発を行っております。
    テーマ『アクティブ』では、今までにないおしゃれなデザインの電動車いす「スマートパルS637」、安定した乗り心地の新型電動アシスト三輪自転車「ASU-3WT3」、SGマーク取得の光る杖「ライトケインSG」を市場に投入いたしました。
    テーマ『やすらぎ』では、健康機を中心に全身指圧マッサージ機「背筋快床」や、小型足マッサージ機「ホットバイブS」を展開いたしました。
    テーマ『くつろぎ』では、円背の方向けの椅子として「円背サポートチェアENN」を展開いたしました。
    今後につきましても、さらなる高機能・高付加価値を追求したインテリア商材や、今後益々増加の傾向にある認知症の方をサポートする商品、老老介護をサポートする商品など、シニア世代をバックアップできる商品を開発してまいります。

  • 設備投資

    設備投資の概要

    当社グループは、「有望なマーケットへの効果的な資金の投入」及び「生産効率向上による原価低減」を図ることを目的とした設備投資を実施しております。

    設備投資額

    (百万円)
      2014年3月期
    通期実績
    2015年3月期
    通期実績
    2016年3月期
    通期計画
    設備投資額 4,307 3,528 4,750
    レンタル資産
    工場生産・物流設備
    ソフトウェアの取得
    土地の取得
    その他
    2,461
    861
    453
    384
    147
    2,690
    430
    239
    0
    168
    2,800
    670
    1,200

    80
    減価償却費 3,609 3,638 3,700

    メディカルサービス事業

    有望なマーケットを持つメディカルサービス事業の成長戦略としての投資を3,027百万円実施しております。
    その主なものはフランスベッド株式会社のレンタル用の資産に対する投資であります。

    インテリア健康事業

    生産効率向上のための投資等を468百万円実施しております。
    その主なものは、フランスベッド株式会社東京工場、兵庫工場等のベッド等生産設備への投資であります。

    その他

    主に日用品雑貨販売事業の店舗改修として37百万円実施しております。